妊娠 対策

妊娠したいなら基礎体温は測った方がいい?

 

妊娠を希望しているのならば、基礎体温を計り、グラフをつけておくことは基本中の基本でしょう。

 

当然、第一の目的は次の排卵日や生理日の予想をつけることです。が、それ以外にも自分の体の状況についてのたくさんの情報をもたらしてくれます。

 

まず、基礎体温の取り方です。身体を安静にして、最低限のエネルギーしか使っていない状態にする必要があります。また、朝一番に測るのが基本です。

 

これを日々グラフにつけていけば、一カ月単位でサイクルができているのが見た目にもはっきりと分かることでしょう。

 

その期間に妊娠していなければ、次のような順番になるはずです。

 

@月経期

 

子宮内膜がはがれ落ちる時期です。体温は低めです。

 

A低温期(卵胞期)

 

低体温はそのまま続きます。卵巣の中で卵胞が成熟する時期です。お肌の調子もよく、精神的にも安定しているでしょう。

 

B排卵期

 

体温はさらに急激に低下します。卵胞から乱視が出てきます。

 

C高温期(黄体期)

 

体温の高い日が続きます。次の排卵に備えている時期です。体調が不良になったり、精神的に不安定になる人も多いようです。

 

この低温の時期と高温の時期はそれぞれ14日程度あります。

 

もし、このサイクルが崩れるようであれば、排卵などがうまく行っていない、というシグナルになるでしょう。

 

また、妊娠している場合には、高温期がそのまま続きます。これで早めに妊娠を知ることもできるでしょう。

 

参考サイト→妊娠初期症状ナビ@これが妊娠の兆候です!

 

 

 

タイミング法って具体的にどうやればいい?

 

不妊治療に最先端の医療技術がどんどん導入されています。そんな中で、ある意味もっとも原始的な治療方法が「タイミング法」です。

 

産婦人科や不妊専門のクリニックに行って、最初に試すことの多いのが、この方法です。

 

といって、決して軽視していいものではありません。数ある治療方法のうちで、もっとも成功率の高いのがこれです。

 

ですから、ほかの治療方法は、このタイミング法で成果が出なかった時に初めて検討する、というのが通常の手順になっています。

 

具体的な方法としては「基礎体温表を作ることで、排卵周期を把握する。そして次の排卵日を予測し、その時に性行為をして妊娠の確率を上げる」という方法です。

 

もし、医者にかからずに、ある程度アバウトでもいいのならば、この排卵日の前後三日がそのタイミング、ということになります。

 

が、医者がかかわってより正確にし、妊娠の確率も上げるのならば、尿検査も併用します。この
尿検査のキットのことを「LHチェッカー」といいます。

 

尿の中に排卵を促す特定の成分の変化を見ます。これで16〜18時間後の排卵を予想することができます。最も理想的なのは、排卵し端子が出てきた時に静止画すでに待っている状態です。

 

もし、男女ともにこれといった妊娠状のトラブルがなければ、この方法で十分でしょう。なによりも薬をのむわけでも、手術を伴うわけでもありません。

 

内容的には自然な妊娠と変わりありません。身体への負担も心配しなくていいのです。

 

注目!人気のサイト特集

 

ありとあらゆる脱毛エステサロンの無料初回限定コースで体験した中の感想で一番心に残ったのは、それぞれのお店で店員さんの対応や印象が結構異なる事。ミュゼプラチナムでも結局は、サロンと文字通り“肌が合うかどうか”という問題も店選びのファクターだということです。
http://ミュゼ顔脱毛.com/

 

脱毛サロンで受けられるワキや全身の脱毛のノーマルな技術としては光脱毛、電気脱毛、ニードル脱毛等が挙げられます。脱毛専用のレーザーを脇に当てて毛根の機能を駄目にし、発毛させなくするという脱毛方法です。全身の脱毛は費用がかかるので経済的なエステサロンでするのが女子に人気です。
大阪の全身脱毛はここがオススメ!@格安でできる人気サロン、クリニック

 

痩せるためにエステ通いをする女性は多いです。理想的な洗練された「細マッチョ体型」というものは、上半身、下半身を総合したアンバランスでなく身体全体に筋肉がついているものの、細いというタイプを指しています。痩身エステ仙台.netでは、きれいなボディラインになれる話題のエステサロンをご案内しています。
≫≫http://xn--ick8azby21tflf180dvhxb.net/